黄色ブドウ球菌
切り傷、おでき、にきびなどを化膿させる原因となる菌で、化膿した部分だけでなく、健康な人の鼻の中、喉、髪の毛などいたるところに存在します。 食品のなかで増えるときに強いエンテロトキシンという毒素を作り、これが食中毒の症状をひき起こします。一度エンテロトキシンが作られてしまうと、普通の加熱では壊れないので、再加熱では食中毒を防止できません。